不動産用語集

 

不動産用語集

 

  ここでは不動産の取引に関する用語を解りやすく説明しています。
  家を買いたい方、売りたい方、お部屋探しをされている方に向けた用語集です。
  知っておくと便利な用語を掲載していますので不動産取引の際にお役立て下さい。

 

賃貸用語

■敷金   ■家賃発生   ■契約年数   ■保証人   ■現状回復義務

■礼金   ■日割り家賃  ■契約更新   ■連帯保証人 ■善管注意義務

■保証金  ■前家賃    ■更新料    ■退去立会い ■損害保険

 

売買用語

■申込証拠金■買付証明書  ■元利均等返済 ■解約手付  ■借り換え

■頭金   ■クーリングオフ■買い替えローン■借入金利  ■ローン特約

■違約金  ■提携ローン  ■買戻特約   ■元金    ■売渡承諾書

 

 

--------------------------------------------------------

 

 

賃貸用語                                                                            

 

敷金

契約の際に借主が貸主に支払うお金で、家賃未払いを含む一切の債権の担保とされる。一般的な相場は家賃の1ヶ月~3ヶ月分。契約終了時に賃料未払い分、修繕費を差し引いて返還される。

                                     △このページのTOPへ

 

礼金

契約の際に借主が貸主に支払う謝礼金で、返還はされません。一般的な相場は家賃の1ヶ月~3ヶ月分。最近では通常の家賃を減額した分を礼金として支払うケースもあります。

                                      △このページのTOPへ

 

保証金

契約の際に借主が貸主に支払うお金で、予め解約金を定めている場合があります。解約金以外の保証金は、未払い家賃等や故意、過失による修繕費用を差し引いて返金されます。一般的な相場は家賃の2ヶ月~5ヶ月分(店舗・事務所などは、3ヶ月~10ヶ月分)

                                                                                                                   △このページのTOPへ

 

家賃発生日

実際に入居した・しないに係わらず、家賃の支払いの対象となった日のこと。一般的に契約期間の開始日が家賃発生日となり、この日から家賃計算され、支払い義務が生じる。

                                                                                                                   △このページのTOPへ

 

日割り家賃

月の途中からの入居契約の場合は、入居日から月末までの日数で計算される。家賃・共益費・駐車場費など込みの家賃1ヶ月分をその月の日数で割り、1日あたりの家賃を出した後月末までの残り日数をかけたものが日割り家賃となる。

                                                                                                                   △このページのTOPへ

 

前家賃

入居する物件の最初1ヶ月分の家賃を契約時に先に支払うというもの。月の途中からの入居契約については、その月の日割り家賃と翌月分の家賃1ヶ月分をまとめて支払うこともある。

                                                                                                                  △このページのTOPへ

 

契約年数

賃貸借契約の期間をいいます。一般的には1年~2年契約です。(店舗・事務所などは2年~3年契約が一般的です)

                                                                                                                  △このページのTOPへ

 

契約更新

賃貸借契約の期間が満了した時に契約を継続することをいう。更新には合意更新(貸主と借主が合意の下に更新を行う)と法廷更新(借主が使用収益を継続している場合において、貸主がこれを知って異義を述べない場合)がある。

                                                                                                                  △このページのTOPへ

 

更新料

賃貸借契約の期間が満了した後、さらに一定期間同一の契約を続けるのに際して、借主から貸主に支払われるお金のこと。一般的には、賃貸借契約の期間更新に際して支払われる。

                                                                                                                 △このページのTOPへ

 

保証人

債務者が債務の履行をしない場合に、債務者に代わってその債務を負担することを約束した者をいう。

                                                                                                                 △このページのTOPへ

 

連帯保証人

保証人とは異なり、賃料請求など、債務の弁済を要求された場合、借主に請求が可能な場合でも支払いを拒むことが出来ない。またトラブルなどがあった際にも連帯して責任を負うもの。債務者と全く同一の責任を負うものです。

                                                                                                                 △このページのTOPへ

 

退去立会い

物件の明渡しの際に荷物を全て出した後に、貸主または管理会社の立会のもと修繕箇所などがないか原状を確認します。

                                                                                                                 △このページのTOPへ

 

原状回復義務

賃貸借満了後、借主が退去するときには、その部屋・店舗・事務所を借りたときと同じように戻して返さなければならない。自分で取り付けた物は取り除いて返す。

                                                                                                                 △このページのTOPへ

 

善管注意義務

「善良なる管理者の注意義務」を省略したものです。。賃貸借契約において借主は貸室を使用・占有するにあたって社会通念上求められる注意義務です。これを欠くことは過失となり、債務不履行または不法行為などの民事上の責任を負うことになります。

                                                                                                                △このページのTOPへ

 

損害保険

賃貸借契約時及び更新の際には借主が、火災保険に加入するのが一般的であり、その費用は2年で1~2万円が相場とされている。損害保険には、損保会社の保険と共済保険などがあります。万が一の事故による損害に備えておくのが一般的です。

                                                                                                                △このページのTOPへ

 

売買用語

 

申込証拠金

住宅の購入を申し込む際、その購入意思を示すために支払うお金のこと。売買契約成立後は購入代金の一部に充てられ、契約が成立しなかった場合は直ちに返還される。

                                                                                                               △このページのTOPへ

 

頭金

住宅を購入される代金に充当する自己資金です。 つまり、「頭金=物件価格-借入れ額」という関係になります。頭金については、住宅ローンの組み方によって必ず必要な場合、または必ずしも必要とならない場合などがあります。

                                                                                                              △このページのTOPへ

 

違約金

契約に定めた事項に違反した者が、相手方に対して支払う金銭で、違約罰のひとつ。違約金は、当事者が契約を締結する際「この契約に違反した者は相手方に対して○○○万円の違約金を支払う」というように、金額を決めておくことに特徴があります。

                                                                                                              △このページのTOPへ

 

買付証明書

不動産の購入希望者が、売主または媒介となる不動産業者に宛て不動産の購入意思を表明する書面のことをいう。これは購入者側の一方的な意思表示であるため、法的な拘束力はない。しかし、売渡承諾書と同様、例外もあるので要注意。

                                                                                                             △このページのTOPへ

 

クーリングオフ

消費者に一定期間以内ならば違約金を支払うことなく契約の解除、申し込みの撤回を認める制度のこと。不動産売買の場合、クーリングオフが認められるのは、売主が不動産業者で、しかも契約をしたのがその業者の事務所以外の場所、というときに限られる。さらに、買主は、業者のほうから、クーリングオフが適用になる旨を書面により告げられてから8日以内に、内容証明郵便などで契約を撤回する旨の通知をする必要がある。

                                                                                                            △このページのTOPへ

  

提携ローン

住宅や別荘、会員権などを販売するときに、不動産会社などが金融機関と提携して、購入者が利用できるようにしたローンのことを指します。提携ローン以外の民間融資を非提携ローンと呼びます。非提携ローンに比べると、手続きが簡単で融資実行もスムーズに進みます。

                                                                                                            △このページのTOPへ

 

元利均等返済

表面的な返済額は均一だが、利息は残元金に対してかかるので、当初は返済額に占める利息部分が多く、返済が進むにつれて利息の支払いが少なくなるというように、元金返済分と利息充当分の内訳が調整される仕組みになっています。

                                                                                                           △このページのTOPへ

 

買い換えローン

住宅を買い替えようとしたときに、今ある住宅が売れるまでの間購入資金が不足することがある。そういった時のために用意された一年以内の短期ローンのこと。

                                                                                                           △このページのTOPへ

 

買戻特約

不動産を売却する際、売主に将来その不動産を買い戻す権利があることを合意すること。所有権移転登記を行うときに買戻特約も登記する。この権利を行使できる期間は最長10年までとされ、予め期間を定めなかった場合は5年以内となる。不動産が転売されても、新しい購入者に行使することができる。

                                                                                                          △このページのTOPへ

 

解約手付

不動産の売買契約は、買主の手付け流し、売主の手付け2倍返しで解約できる。 この性質を持った手付を、解約手付という。

                                                                                                          △このページのTOPへ

 

借入金利

資金を借りた際の利息のこと。一般的には1年間借りた場合の利息の額を、借りた金額で割ったもので表される。

                                                                                                          △このページのTOPへ

 

元金

利息を含まない、元々借り入れた金額のことです。借入金額の総額を指す場合と、元金均等返済における利息以外の部分のように、借入金額の一部分を指す場合もあります。

                                                                                                          △このページのTOPへ

 

借り換え

借り換えとは、今利用している住宅ローンをやめて、条件の良い別の住宅ローンからお金を借り入れること。住宅ローンの総返済額を減らせる可能性がある。

                                                                                                          △このページのTOPへ

 

ローン特約

ローン特約とは、不動産物件を購入する際に、買主が金融機関などからの融資を受けられなかった場合、無条件で不動産の売買契約を解除できる特約のこと。

                                                                                                          △このページのTOPへ

 

売渡承諾書

自分の所有する不動産物件を売る意思があることを表明した文書であり、確定的な意思表示ではなく、契約の申し込みあるいは承諾としての効力は認められないとされる。従って、そこに記された内容は随時撤回可能ということになる。

                                                                                                          △このページのTOPへ